記事一覧

広島循環型社会推進機構 総会

28年度通常総会に出席してきました。
総会の後は、講演会があります。
演題は、「広島県環境行政の動向についてエコの力でひろしまを元気に」 広島県の環境部長様にご講演を頂きました。
昭和40年代の高度経済成長当時からの、大気汚染、河川や海の水質汚染が深刻化し、公害防止の取組みや、浄化技術の向上に伴い徐々に改善されてきて、規制も同時に厳しくなってきました。
私が生まれる前のお話から現在までで、改めて聞くと、昔は、環境基準も今のように厳しくはなかったので、公害がひきおこされてきた実態を再確認できました。 厳しいばかりが決して良いことばかりではないとは思いますが、でも少なくとも自然には優しくなることは、間違いないと思いました。
ファイル 299-1.jpg

リサイクル防草土の効き目

弊社の廿日市発電所は、中和処理施設から発生する汚泥を改良土
にし防草土としてリサイクルして活用しています。
発電所へ活用し1年半経ちますが、未だに草は生えていません。
効果抜群ですね!
ファイル 298-1.jpg

分科長最後の分科会

西部収集運搬分科会を開催しました。
本日は、役員改選案を私から提出させていただき、会員の皆さんに
承認され、可決されました。
私は、永い間、分科長を務めさせていただき、会員のために、なるような、活発な会に育てるということを、目標にしてきました。
どうにか、目標も、他の役員や会員様のお陰で達成できたのでは、と思い、今回役員の改選をすることを考えました。
また、私が、行う事業もちょっとマンネリ化してきたようにも、思えた部分もあります。
今後は、新しい執行部で、新しい企画をたて、盛り上げていただきたいと思います。
今後は、私も、役員ではありませんが、会員として、バックアップしていきたいと思います。
 ちょっと寂しい部分もありますが、気持ち的には、少し楽になり肩の荷が一つおりたような気がします。
今後とも活発な会にしていきましょう!

竣工の御祝

府中市にある、オガワエコノス様が焼却炉とバイナリー発電施設を
3月にご竣工されたと、新聞で見たので、早速御祝に伺いました。
処理能力30t/日で感染性廃棄物や雑貨系の廃棄物を処理リサイクルさせるために、設置されたそうです。 従来は、RPFの製造を行っていますが、固形燃料へ向かない廃棄物を、発電の燃料として焼却炉で処理されます。
大きな会議スペースや、400t貯留のできるピットを備え、とても綺麗で最新の設備です。
炉はプランテック製のバーチカル炉を採用され、狭いスペースへも
コンパクトに仕上がっていました。
ご竣工おめでとうございます。 羨ましい・・・・!
ファイル 296-1.jpg

研究発表会 28年

本日ホワイトデーですが(あまり関係ないですね)広島循環型社会推進機構主催の研究発表会へ参加しています。
今回は18課題の研究テーマについて、1年間研究した成果を評価
し次年度に繋げるということで、私も機構の理事として成果評価を
させていただきます。 弊社も1年間研究してきたことを、広島県立大学の崎田先生が、弊社の開発推進担当の賀楽さんと取組んできた研究成果について発表していただきました。
1年間、崎田先生には大変お世話になりました。
次年度も引き続き宜しくお願いします。
ファイル 295-1.jpg

埼玉県医師会様 19名ご視察

埼玉県から遠路のところ弊社へ視察にこられました。
廃棄物へもご理解が深く、反対に色々と勉強させていただきました。 病気の悩みと環境の悩みが良く似ていると実感したのが、
病人が日本では多すぎる、根本的に、健康で、病気にならないような対策を講じることが最も重要であり、このままだと医療費が税収の殆どにあてられる現状になるとお話されていました。
そうです、やはり発生を防ぐ努力をしないで、医療費減少や、医者不足は解消されないということです。
環境の世界でも同じで、根本的に廃棄物を出さない、ことを考え、大量生産も考え物、余れば捨てる、を改善しない限り、問題は解決しないのと同じです。勿体ないの精神が政治の世界へも必要なのかも!
ファイル 294-1.jpg

不法投棄廃棄物撤去活動 社会貢献

朝9時から、安佐北区山本の武田山林道沿いの不法投棄撤去作業を
行ないました。 我々廃棄物処理業者と広島市、また地元自治会と総勢97名で3箇所に投棄された、廃棄物を機材や運搬車を、フル装備し回収しました。従来は、先週の土曜日に行う予定でしたが、あいにくの悪天候のために本日に延期され、今日も昼からは、雨との予報でしたが、どうにか、降らずにすみました。
投棄物は、ガレキやタイヤ、粗大ゴミや大きな機械、塗料の入った缶などありと、あらゆる物があり、作業も急な法面なため作業が大変でした。 廃棄物は、協会員の各中間処理場へ搬入され、リサイクルや適正に処理がされました。 弊社も塗料が入った1斗缶を、
130缶程度、運搬し自社処理場で処分しました。
今回の回収量は、約21tでした。
今後投棄されないように、対策として地元の方々がフェンスを張ったり、して予防されることが決まり一安心です。
もっとも撤去した後に又捨てられては、意味がないので、我々は、撤去後のアドバイスも欠かさず行ない再発防止を進めています。
このように、産民官で協力することが、重要なのです。
ファイル 293-1.jpg
ファイル 293-2.jpg
ファイル 293-3.jpg

タイ王国視察団 当社を視察

私は、会議のため呉にいましたが、今日は、タイ王国から、弊社を視察にこられました。 タイ政府は廃棄物増大と多様化する廃棄物処理技術の向上を図るため、日本での廃棄物処理やリサイクル技術について視察にこられました。 視察団は16名で、視察中も熱心に通訳を通じ、説明を聞かれていたようです。 特に弊社での廃液からの資源回収や、あらゆる廃棄物の焼却処理技術には、熱心だったようです。 少しでも、タイ王国のお役にたてれば、幸いです。
私は、留守でしたが、あらためて、ご視察有難う御座いました。
弊社のスタッフもご苦労様でした。
ファイル 292-1.jpg

中国地域協議会  in呉

本来は鳥取県で行う正副長会議でしたが、雪の可能性がるということで、今回は、広島の呉、クレイトンベイホテルで開催です。
会議の前に、大和ミュージアムを視察しました。
会議中やはり、愛知県の廃棄食品の不正転売事件で再発防止策を環境省から求められているため、連合会の回答について、議題があがりました。 一部の処理業者が巻き起こした事件ですが、我々の業界では、ただごとではなく、更なる規制強化や厳しい罰則強化が図られる可能性もあるので、益々業界事態が縮小しないかが気になります。
ファイル 291-1.jpg 

最強の寒気

23日の晩から、雪が降り始め、止むことも無く今朝まで降り続き西日本各地で大雪となりました。
広島市内も若干積り、弊社工場は、30cmぐらいの積雪、今朝から全員で、雪かきからのスタートです。
本当に良くふりました。私は県北に住んでいますので、積雪は60cmと最近では一番降ったように思います。 昨晩に雪かきをしたのですが、朝見てみると、長靴をはいていても、中に雪が入ってくるぐらいでした。 また朝から車の雪と周りの雪かきをして、ようやく車を動かすことができました。 朝から汗をかきながら、雪道を会社へと向かい、どうにか、たどり着くことができ、一安心。
今日は、高速道路も通行止めで、廃棄物の運搬部隊は、苦戦しています。本日は仕事にならないので、安全に帰社してほしいと願うばかりです。 決して無理をしないように!
ファイル 289-1.jpg