記事一覧

年末ご挨拶 28

 弊社本年の営業は本日までとなります。
本年中は、大変お世話になり、ありがとうございました。
今年も無事に営業を続けてこれたのも、皆様方のお陰です。
来年は、更に一歩前進し、排出事業者様のサービスや技術の向上に努めてまいりたいと考えますので、何卒よろしくお願い申しあげます。
皆様方が良い年を迎えられ、ご健康とご多幸を祈念しております。

         【年末年始のお休み】
       12月30日~1月5日まで

6日からは通常通り営業していますが、修繕工事実施のため、搬入規制がありますので、各担当者へお問合せの上ご搬入ください。

愛知県へ出張です。

今日は、愛知県のとある焼却施設に伺っています。
工場長様と県内の廃棄物事情をお聞きして、意見交流しました。
師走の忙しい時に、ご対応いただいて、ありがとうございました。
来週からは、関西地方で打合せや挨拶まわりに伺います。
ファイル 320-1.jpg

島根県から米子へ

12月師走に入り、毎日一日の時間が少なく感じる、今日この頃ですが、事故が無いように、落ち着いて仕事をしなくては、なりません。 今日は、まつえ環境の森様へ、お客様と現地確認へ行ってきました。ここは、管理型の最終処分場となっていて、 昨年も、こさせて頂いたのですが、かなり、埋まるのが早い印象を受けましたが、次の増設は、既に計画されているとお話がありました。
処分場は、臭いも無く、整理されいて、良好でした。
あいにく、昨晩から雨でしたが、無事に視察を終えて、米子駅まで
お客様をお連れしました。 私は広島へと帰ります。
ファイル 319-1.jpg

島の廃棄物事情

グアムの廃棄物処理について視察してきました。
アメリカ政府の関係者が、廃棄物の分別場などを案内してくれました。 政府の方針で、廃棄物を分別し、紙やペットボトル、段ボール、繊維、缶などをリサイクルしなくてはならないようです。
持ち込まれる廃棄物を見ると、何もかも、ごちゃ混ぜ状態で、日本では絶対に考えられないようなゴミが持ち込まれます。
多分日本では、引き取ってもらえないでしょう。
話を聞いてみると、島民は、分別する習慣もルールもないので、道端にすてたり、そのままの状態でゴミとして出しているようです。
一応アメリカなのですが、中々、ルール作りとか、意識の改革が難しいようです。 島内は、リサイクルできない廃棄物は、全て埋立処理、有害廃棄物は処理ができないので、全てアメリカ本土で、処理するようです。 もちろん、焼却処理施設もありません。
日本のように、廃棄物改革ができるのは、まだ相当時間がかかりそうでした。
ファイル 318-1.jpg
ファイル 318-2.jpg

第15回産業廃棄物と環境を考える全国大会

ホテルグランビア岡山にて開催された全国大会へ参加しました。
全国から総勢600名以上が来場したそうです。
環境省からは、「産業廃棄物処理法の見直し」につてのお話や、
バイオマス関係のパネルディスカッションを、地元業者の方々がされ、現状のバイオマス事情が良く解りました。
結構岡山県は、盛んに事業を展開されている事業者様が多いようです。 
ファイル 317-1.jpg

ビジネスフェア 28年度

毎年、出展していますが、今年もいよいよ、広島グリーンアリーナで、広島最大のビジネスフェアが開催されました。
朝から、湯崎県知事の挨拶から始まり、大勢の開催関係者が参加しての開会式です。
毎年この日は雨が降りますが、やはり今年も昼から雨が降り始めました。 降れば当然来場者も減る可能性もありますが、最後の片付けが、やはり大変なようで、社員の皆さんも、ちょっと憂鬱気味
でも、しっかりと、弊社の取組みをPRして頑張ってほしい!
出展は、廃液からの金属回収や、有害廃棄物の処理が中心です。
現在研究中の内容も展示しています。
ファイル 316-1.jpg

ウエストバイオマス工場 視察

鳥取県にある、ウエストバイオマス工場様を視察させて頂きました。 港の脇にある広大な場所へ施設が設置してあります。
主に下水汚泥を中心に受入、様々な工程を行い、汚泥から、炭へと、リサイクルされているようです。
主に鉄工精錬の後処理に使用すると聞きました。処理能力は120t規模で、現在は100t/日ぐらいの処理を実現しているとのこと。 すごくロケーションが良い会社で、羨ましい環境が整っていました。 本日はご無理を言い視察させて、いただきありがとうございました。
ファイル 315-1.jpg

ベトナムからの視察団

ベトナム国のフンイエン省から、21名の視察団が弊社へ視察にこられました。 メンバーは、知事を筆頭に各部門の局長さんクラスの方々です。 ベトナムでは、廃棄物処理技術が遅れていて、処理にとても困っているとのことでした。 日本での廃棄物処理の取組みや技術について勉強し、対策に取入れ、一刻も早く、この問題を解決したいようです。 弊社担当者の説明を真剣に聞き、質問をされていたのが印象的でした。 最初に知事と硬い握手を交わしたのも印象に残りました。
ファイル 314-1.jpg

新設装置 手順書の作成

まだ詳しいことは、発表できませんが、新装置が、昨日、弊社へやってきました。
新しい取組みとシステムなので、新たに作業手順書や安全マニュアルの作成に取り掛かるため、作動確認と作業内容の確認をしました。 まだ初めてなので、多くの意見を聞きながら、取り入れ、安全や作業の円滑に務めるよう指示をし、新たな取組みとして、挑戦していきます。
ファイル 313-1.jpg

安全衛生合同パトロール

同業者でつくる、安全衛生委員会の安全パトロールを五日市にある山陽工営㈱様で実施させていただきました。安全委員のメンバーと
工営の社長様を含めた社員様で、場内を拝見し歩いて周りました。
広大な敷地に、建設に伴う廃棄物を再資源化されています。
コンクリートなどを破砕しRCを製造されていますが、ホコリが、ほとんど感じられず、場内も清潔でキレイでした。 建設系の廃棄物屋さんにしては、綺麗すぎる・・ビックリ感動! 安全についての取り組みも全てマニュアル化されて素晴らしい施設でした。
弊社も是非とも見習い取組みに入れていきたいと思った1日でした。 良いことは、真似をする、取り入れる!
ファイル 312-1.jpg