記事一覧

研究発表会

広島循環型社会の構築に向けての、研究が進められています。
今日は、その研究の成果を発表する日です。
山陽レックでは、有害重金属(秘密)を安定化する技術開発を
広島県立大学様と共同で研究しています。
現在のところ、溶出試験でも金属の安定化が認められて、少しずつですが、成果が確認できます。
この研究は、3年計画で来年度も継続していきたいと考えますが、
今から審査されて、継続の判断がされます。

更新許可講習

本日から2日間、産業廃棄物の処分と収集運搬業許可更新に伴う
講習会を受講します。
この講習を受けていないと、許可証の更新ができません。
会社の役員か使用人が受講しなくてはならないため、私が毎回受講しています。私たちはプロなので、解りきったことばかりですが、復習になりサイド気が引き締まります。
もちろん、最終日には、試験がありますが、もちろん多分100点でしょう!
ちなみに、修了書の有効期限は2年です。

燃え殻リサイクルと埋立

今日は、(株)大協組様へ燃え殻のリサイクルについて、ご相談に伺いました。
主に王子製紙の燃え殻を建設資材にリサイクルしておられるそうです。 施設も独自で開発された技術をプラントにして、興味深いところです。 しかし残念ながら、産業廃棄物の燃え殻は、重金属も含有し、金属分も多いのと、粒子が大きく不揃いのためNGでした。
中々、産廃灰は、性状も安定しないため、リサイクルが現実のものになりません。 しかしこれからは技術の開発や研究に我々も積極てきに進めないといけないと実感しました。
次は、松江市の、まつえ環境の森様へ管理型埋立地に伺い、現状
などをお話を聞き、本日私と同行された、業者様は、契約に向けての打ち合わせをしました。
いつも処理場は綺麗にされています。
ファイル 254-1.jpg
ファイル 254-2.jpg
ファイル 254-3.jpg

発電量・・・

久しぶりに、弊社の廿日市太陽光発電所へ行ってきました。
最近は天候不順が続き、発電量が急激に減ってきたので、パワコンの不具合が無いか、確認してきました。
しかし、確認したところエラーも無く正常に稼動しています。
やはり天候が悪いだけのことのようです。
早く日光が拝みたいものです。
ファイル 252-1.jpg

採石場の雪景色

砕石に薄っすらと白く降り積もった雪景色。
今も雪が、しとしと降っています。
写真では解にくいのですが、何か幻想的に見えました。
ファイル 251-1.jpg

福山市で理事会と水俣条約

年に一度、福山で開催される理事会へ行ってきました。
終了後には、『水銀に関する水俣条約を踏まえた今後の水銀廃棄物対策について』の講演会がありました。
水俣条約が2013年に採択され128カ国が署名、9カ国が締結しています。金属水銀の多くは、現在有価物として輸出されていますが、今後このようなものも、なんらかな規制がかかってきます。
そこで、今後はどのような処理や保管をするかということが、問題となり、その扱いも『水銀廃棄物』として規定され、廃棄物処理法での取り扱いとなることに現在検討会議が行なわれているようです。特に金属水銀については、運搬方法や保管技術も含め、処理技術の構築が急がれます。 私もこの件は非常に興味があり、勉強になりました。 
終了後には、福山の一般会員様との親睦を深め、東部地区における情報交換をしました。 東部の方々とこのような機会が少ないために、いろんな考え方や方向性があるのだと実感した1日でした。

雪山景色最高

久しぶりに、雪山にきました。
といってもシーズン3回目です。
最近は天候も悪く、雨の日や暖かい日が続いたので、中々行く機会がなかったのですが、昨晩雪が降っていたので、翌朝庭に積もっているかなと思い見てみると、ちょっと薄っすら程度の積雪でした。
でも、雪山の状況が見たくて、そのままスキー場へ向うことに。
心配していたのですが、以外と雪質も良く、天候にも恵まれ、
気持ちよく滑りました。 でも残念なことに、山頂は良かったのですが、麓まできたら、土や岩がむき出し状態で、ちょっと躊躇したのですが、ゆっくりと悪いところを避けてどうにか下まで滑り終えました。 結構泥だらけとなり、これまた、中々経験できないことができたと、慰めで思った次第です。
でも山頂からの眺めや、リフトに乗っているときの風景は、ストレスを忘れさせてくれる一時でした。
ファイル 249-1.jpg

遠方からありがとうございました。

新年最初の研究会の会合を兼ねた、新年会がありました。
本日は、愛知県から、某企業様が初参加して頂きまして、
中部や近辺の状況やニュースをお聞かせ頂、大変参考になり、
会員は皆有意義な時間を過ごさせていただきました。
本日は遠方から研究会のためにご参加いただき、まことに
ありがとうございました。

あれから20年

阪神淡路大震災から20年です。
私は20年前大阪の浪速区にいました。
朝、経験したことがないような強烈な揺れを感じたことは、記憶に鮮明に残っています。震災の7年前までは、神戸市灘区に住んでいました。もしそのまま神戸に住んでいたらと思うと、ぞっとします。 しかし、私の身内は、神戸市須磨区に住んでいて、家が倒壊してしまいました。倒壊したため近くの須磨寺に避難してると聞き
震災から3日目に、食料などの物資を積み込み、車で向いました。
どこもかしこも、通行止めで、迂回しながら、道路が割れ、陥没し又は盛り上がった道をひたすら走りました。 家やビル、テレビでよく映る阪神高速が倒壊した現場を見ながら、まだ人が大勢この下に残されているのだと思うと胸が張り裂けそうな気持ちで、何もできない自分に情けなく思いました。必死に運転し須磨寺に着いたころは、真っ暗でした。通常1時間もかからない距離ですが、多分8時間から9時間かかったと思います。
須磨寺に非難していた家族は、無事で安心しました。
避難所はトイレもまだ無く、穴を掘って対応し、物資も不足し皆、疲れた表情をされ、今後先行きが解らない不安を・・・
私は、家族を残し不安なまま、その日の内に大阪へ帰りました。

亡くなられた人が大勢おられます。
ご冥福をお祈り申しあげます。

護国神社参拝と新年会

あけましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になりました。
本年もよろしくお願い申しあげます。
弊社休日は5日(月)までですが、本日4日は、社員全員と護国神社へ恒例の参拝にいきました。
本日は最後の休日ということで、参拝客も少なく、混雑もなく、スムーズに参拝し安全祈願、商売繁盛で玉串の奉天をおこない、新年も頑張ていこうと社員一丸となり、気合がはいりました。
 その後は、北ホテルへ移動し、13時から新年会を盛大におこない、全員で、新年の抱負をお酒を飲みながら、語り合いました。
私もゆっくり、社員と話す機会は、あまりありませんので、馬鹿話をしながら、素直な意見と今後について楽しく話しをしながら、楽しい新年会を終えることができました。
今年も良い年となること、間違いないと実感した、しだいです。