記事一覧

総会で表彰されました。

社)広島県資源循環協会 第5回定時総会が開催されました。
その中で、功労者表彰ということで、微力ながら、私が表彰され、
賞状と副賞を頂きました。
学生時代からあまり、表彰されることもなかったので、まさか大人になって賞状をいただけるとは、思ってもいませんでした。
でも賞をいただけるのは、幾つになっても嬉しいものです。
本当にありがとうございました。
 そして、更に、私は、協会の理事をしていますが、今期、役員改選があり、副会長に任命されました。
皆さん方のご期待を背負い、重責をこなし、新しい業界創りをしていきたいと思います。 微力ながら、業界の発展に寄与できれば、幸いです。 頑張りたいと思います。
皆様方のご協力を宜しくお願いします。
ファイル 259-1.jpg

草刈の1日

会社所有の廿日市の空地が、草が生えて、隣の農家の人
に迷惑が、かかるのではと思い気になっていました。
ようやく今日、刈払機で刈ること1日かかって、どうにかまともな
状態を確保。今日に限って30℃近くあり、暑いの何の!
1日で真黒な顔に仕上がりました。
草だけは、この時期刈っても刈ってもすぐに生えてきますので、これからが、草との戦いとなるでしょう・・・
ファイル 258-1.jpg

桜も最後の見納め

今年は桜が満開と同時に雨が降り、満開、花見の前に散ってしまいました。
しかし、土師ダムの桜は、かなり散ってますが、まだ奇麗かな?
今日が今年最後の見納めとなるでしょう。

夕方、会社帰りに撮影
ファイル 257-1.jpg

第6回理事会と春の気配

社)広島県資源循環協会の理事会に出席しました。
今年度も、早いもので、残すところ1回の理事会でいよいよ、総会の準備となるようです。

今週に入り、一揆に暖かくなり、春の気配が肌で感じられるように
なりました。
桜のツボミも膨らみ、今でも咲きそうな雰囲気です。
しかし、また来週から、寒気が入り寒くなるとの予報もあり、体調の管理をしないと、風邪でもひいてしまいそうです。
皆様もくれぐれもご自愛くださいませ。

研究発表会

広島循環型社会の構築に向けての、研究が進められています。
今日は、その研究の成果を発表する日です。
山陽レックでは、有害重金属(秘密)を安定化する技術開発を
広島県立大学様と共同で研究しています。
現在のところ、溶出試験でも金属の安定化が認められて、少しずつですが、成果が確認できます。
この研究は、3年計画で来年度も継続していきたいと考えますが、
今から審査されて、継続の判断がされます。

更新許可講習

本日から2日間、産業廃棄物の処分と収集運搬業許可更新に伴う
講習会を受講します。
この講習を受けていないと、許可証の更新ができません。
会社の役員か使用人が受講しなくてはならないため、私が毎回受講しています。私たちはプロなので、解りきったことばかりですが、復習になりサイド気が引き締まります。
もちろん、最終日には、試験がありますが、もちろん多分100点でしょう!
ちなみに、修了書の有効期限は2年です。

燃え殻リサイクルと埋立

今日は、(株)大協組様へ燃え殻のリサイクルについて、ご相談に伺いました。
主に王子製紙の燃え殻を建設資材にリサイクルしておられるそうです。 施設も独自で開発された技術をプラントにして、興味深いところです。 しかし残念ながら、産業廃棄物の燃え殻は、重金属も含有し、金属分も多いのと、粒子が大きく不揃いのためNGでした。
中々、産廃灰は、性状も安定しないため、リサイクルが現実のものになりません。 しかしこれからは技術の開発や研究に我々も積極てきに進めないといけないと実感しました。
次は、松江市の、まつえ環境の森様へ管理型埋立地に伺い、現状
などをお話を聞き、本日私と同行された、業者様は、契約に向けての打ち合わせをしました。
いつも処理場は綺麗にされています。
ファイル 254-1.jpg
ファイル 254-2.jpg
ファイル 254-3.jpg

発電量・・・

久しぶりに、弊社の廿日市太陽光発電所へ行ってきました。
最近は天候不順が続き、発電量が急激に減ってきたので、パワコンの不具合が無いか、確認してきました。
しかし、確認したところエラーも無く正常に稼動しています。
やはり天候が悪いだけのことのようです。
早く日光が拝みたいものです。
ファイル 252-1.jpg

採石場の雪景色

砕石に薄っすらと白く降り積もった雪景色。
今も雪が、しとしと降っています。
写真では解にくいのですが、何か幻想的に見えました。
ファイル 251-1.jpg

福山市で理事会と水俣条約

年に一度、福山で開催される理事会へ行ってきました。
終了後には、『水銀に関する水俣条約を踏まえた今後の水銀廃棄物対策について』の講演会がありました。
水俣条約が2013年に採択され128カ国が署名、9カ国が締結しています。金属水銀の多くは、現在有価物として輸出されていますが、今後このようなものも、なんらかな規制がかかってきます。
そこで、今後はどのような処理や保管をするかということが、問題となり、その扱いも『水銀廃棄物』として規定され、廃棄物処理法での取り扱いとなることに現在検討会議が行なわれているようです。特に金属水銀については、運搬方法や保管技術も含め、処理技術の構築が急がれます。 私もこの件は非常に興味があり、勉強になりました。 
終了後には、福山の一般会員様との親睦を深め、東部地区における情報交換をしました。 東部の方々とこのような機会が少ないために、いろんな考え方や方向性があるのだと実感した1日でした。