記事一覧

廿日市環境フェスタ 30

天候にも恵まれて、環境フェスタの協会運営に参加してきました。
今回は、通常のパネル展示と花の種、風船配布は、勿論ですが、新しい取組として、バルンアート(風船で、犬の形をつくる。)を実施しました。  資源循環協会のPRを促進するのが目的で、多くの子ども達と一緒に、犬や剣などを、作り、コミュニケーションを取りながら、環境に目を向けて頂けました。
子ども達からも、親御さん達からも、大好評で、多くの犬達が生まれて、持ち帰られました。 ブースでの配布物は、昼過ぎには、ほとんど、無くなり、大盛況で終了!
ファイル 359-1.jpg
ファイル 359-2.jpg

岡山の災害廃棄物保管状況視察

本日は、岡山県協会様のご案内で、7月の豪雨災害に伴う、協会様で管理されている、仮置場を視察をしました。
災害廃棄物の発生量は、295,600tにもおよび、県内の年間排出量の43%にもなるということです。
視察させていただいたのは、玉島フラワーパーク(写真)での
建屋を解体した廃棄物の一次仮置場ですが、住宅の被害が全半壊、8,000戸近くにもおよぶ量ということで、広島との土砂災害と比べても、水没での浸水した家屋がいかに、多かったかが良くわかりました。 現在は、解体現場で選別した廃棄物を性状ごとに、別けて降ろす体制で、スムーズに受け入れができているようですが、受け入れ計量のキャパが既に限界で計量器の増設も必要なくらいの台数が搬入に来ている現状です。 最初は、県からの依頼で、数名の有志が集まり休み無しで、対応されていたようですが、徐々に協会員が集まり協力をしてくれて、今のような体制を構築されたみたいで、岡山県協会様の結束と強固な団結力に感動しました。
これからの動向を見守っていきたいと思い、広島の今の現状が、目に浮かんできた次第です。
ファイル 358-1.jpg

四国へ出張

愛媛県に、出張で、とある処分施設を視察させて頂きました。
この会社を訪れたのは、もう10年前ぐらいで、久しぶりの訪問となり、役員の方々と久しぶりの再会で、話が盛り上がり、ついつい長居をしてしまいました。
次のアポイントが13時30分からで、ここから1時間移動時間が掛かるため、昼食も取らずに、現地に向かった次第です。
どうにか、かつかつ間に合いました。
ファイル 357-1.jpg
ファイル 357-2.jpg

府中町災害廃棄物

広島県資源循環協会での災害支援要請で、府中町から、依頼があり、本日、府中町の担当部署と現地確認へ行ってきました。
保管場所は、揚倉山健康運動公園のグランドです。
話を聞いてみると、本来は、芝生が綺麗なグランドで、この場所へ災害廃棄物を保管することへの、ためらいが、相当あったと聞きました。 私が見える範囲では、土砂やホコリで、芝生は見えません。 でも置き場がなかったので、苦肉の策だったのだと思いました。 廃棄物は、やはり土砂が、多く、写真のような、廃棄物は、坂町の廃棄物を見ているせいか、多くは、感じませんでした。
でも、相当な量です。
この廃棄物と流木の処理に困っていると聞いて、協会員で、対応でできると思い。分別、積込、運搬、処理まで、各業者で、対応する旨を伝え、帰りました。 役場の方は、災害以来、一日も休まず対応されていて、少しでも我々も、協力できることが、あれば、小さなことでも対応していきたいと感じました。 復興は長期戦になりそうです。
ファイル 356-1.jpg 

被災地へ無償支援 坂町

既に、豪雨災害から1週間以上が経ちます。
ようやく、災害の全貌が解ってきて、各市町からの災害支援要請が
協会へもきています。
山陽レックとしては、現地の支援をしていきたいと考え、トラックを派遣し、廃棄物の運搬支援をしています。
写真は、保管場所の風景ですが、どんどん、ゴミや瓦礫が運ばれてきて、満杯状態です。 
また、暑い中、ホコリも凄く、過酷な作業が続きます。
被災された方々のことを思うと。。。
これからも、アドバイスを含め、支援を続けていきたいと思います。
ファイル 355-1.jpg
ファイル 355-2.jpg
ファイル 355-3.jpg

新型バックホー納車

本日、重機が納車されました。
大型ゴミの破砕専用アタッチメントがついてます。
ファイル 354-1.jpg

栃木県の施設

昨日まで、関東も雨で梅雨入りしましたが、今日は、快晴、梅雨があけたのでは、と思わせるほどの天気となり、つくづく私の日頃の行いが良かったのではないかと、勘違いしてしまうほどです。
朝から、某施設にて、打合せを兼ねて伺いました。
訪問するのも2回目となります。
この施設は、熱利用で、発電や、フグの養殖、トマトや苺栽培をしています。 産学連携で新しい、モデル事業を積極的に開発し、地元への貢献として評価が高いようです。
本日は、15時までに東京へ行かないとならないので、忙しいですが、打合せを、スピディーに完了し、東北新幹線で移動しました。
ファイル 353-1.jpg
ファイル 353-2.jpg

環境の日 広島大会 30

日曜日ですが、今回も広島県庁広場で、環境の日広島大会が開催され、広島県資源循環協会にて、出店し、多くの人たちに、我々の活動のPRを行いました。
今回は、リサイクル肥料や花の種の配布また初となるバルーンアートにも挑戦しました。 私はできませんが、青年部は、勉強、訓練を重ね、犬が作れるようになりました。 写真はないですが上手です。 通常の風船と共に配布し、女性や子どもたちに大人気です。
次回は、訓練し数パターンの作品ができるように、するようです。
 私は、関係会社の親睦会が昼からあり、午前中で、青年部へまかして、失礼させて頂きましたが、大盛況で終わったと報告を受けました。 来年も宜しくお願いします。
ファイル 352-1.jpg
ファイル 352-2.jpg

研究発表会30

広島グランドインテリジェントホテルにて、NPO広島循環型社会推進機構の研究発表会がありました。
会場へは、多くの研究者や会員が集まり、熱心に発表を聞かれていました。 弊社も、ある研究に、参加していますが、中々の難題のため、進行状況は、芳しくありません。
引続き2年目の研究に力を入れていかないと。
ファイル 351-1.jpg

不法投棄撤去作業in小河原

今までの悪天候が嘘みたいに、快晴の作業日和です。
今日は、朝から、安佐北区の小河原地区と狩留家地区の不法投棄の撤去作業です。 我々広島県資源循環協会と地元自治会、広島市、環境省と合同で皆さんで、総勢190名の過去最高人数です。
今回は、広範囲の約20ヶ所以上の場所を各班に分かれて作業をしました。 大きな駐車場を借り、各投棄場所から回収された、廃棄物をトラックで運搬し、ゴミの山を、人の手作業で分別し、各車両へ積み込みます。 廃棄物は、家庭ごみが中心で、家電、タイヤ、ガラスや陶器、自転車、塗料や、得体の分からない液体など、様々でした。 回収したゴミは、全体で50㎥以上にあがり、今までで一番、投棄物が多いかったと思います。
行政と地元の方へお話したのですが、撤去しても、また投棄させるのでは、意味がありません。いかに、ゴミを投棄させないかを検討するべきで、今後のパトロールの強化をお願いしました。
でも、心無い人が多くいるもんですね。 日本人として残念です。
ファイル 350-1.jpg

ページ移動