記事一覧

31年 仕事はじめ

明けましておめでとうございます。
本年も、よろしくお願い申しあげます。

弊社は、本日から、仕事初めとなります。
5日は、社員全員で、10時から、広島護国神社にて、祈願をして頂き、安全と会社の発展を願いました。
ちなみに、3日も私は、初詣に来たのですが、おみくじ は、なんと、大吉!! 夢叶いそうです。
 12時からは、恒例の新年会を リーガロイヤルホテルで行いました。 全員、新年から多いに盛り上がり、各担当部署責任者の今年の抱負を発表。 今年は、何か違うような良い感じでした。。。!
今年も、無事故、無災害、各目標が達成できるように、頑張りたいです。  皆様のご支援をよろしくお願いします。
ファイル 366-1.jpg

30年最後のご挨拶と 雪

年末の年末となりましたが、今期冬の初積雪となりました。
来年まで、待てなかったようです。
本日仕事納めの企業様も多くある中、雪で思ったように仕事が捗らないで、困っておられると思いますが、最後まで安全で事故が、ないように終わりたいものです。
 7月には、豪雨災害もあり、未だに、復興の目途がたたず、仮設住宅で年を越される方も大勢おられると聞いています。
来年は、自然災害がなければと願うばかりです。 願うことしかできません。

 本年中は、大変お世話になりました。
来年も何卒よろしくお願い申しあげます。
皆様がたの益々のご発展とご多幸をお祈りしております。

年末年始のお休みは、次の通りです。修繕工事等で、休み明けも、ご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願いします。

     平成30年12月30日~平成31年1月7日 まで。
ファイル 365-1.jpg

研究発表会 30中間

グランドインテリジェントホテルで、広島循環型社会推進機構の、中間発表会が行なわれ、弊社の廣瀬くんが、半期の研究実績を発表しました。
次回の最終発表会までには、どうにか、大きい成果をだして、もらいたいものです。 大勢の人たちの、前での発表でしたので、ちょっと、緊張していたのかな?・・・
ファイル 364-1.jpg

山口県産業廃棄物協会様 山陽レックを見学

朝10時30から、山口県産業廃棄物協会様の、県外研修先として、弊社をご視察されました。
22名の会員様が大型バスで、こられ、弊社社員がパワーポイントなどを使って説明後、プラントの見学を行なわれ、皆さん熱心にお話を聞いて頂きました。
ファイル 363-1.jpg
ファイル 363-2.jpg

人材育成講座in山陽レック

本日、広島循環型社会推進機構様、主催の人材育成講座の視察先として選ばれ、弊社のホールにて、勉強会の実施及び、工場見学を行いました。  勉強熱心な企業様が集まり、真剣に勉強されていたようです。  私は、出張中だったため、留守をしていました。
ファイル 362-1.jpg

30 ビジネスフェアに出展

毎年恒例のビジネスフェアに出展しました。
発表では、企業ブース366社と、来場者1万1800人だそうで、毎年参加者や来場者も増えてきているようです。
弊社は、焼却プラントや、廃液リサイクル施設のパネル展示やリサイクル品の展示をおこない、数多くの企業様がブースを訪れていただき、興味をもたれ、真剣にお話を聞いて頂きました。どうにか、少しは、お役にたてたような気がします?
ファイル 361-1.jpg
ファイル 361-2.jpg

安全大会

業界の安全大会へ参加しました。
本来は、7月に行う予定でしたが、豪雨災害の影響で、延期となっていました。
広島県では、我々の業界として、労災事故が多い県であり、これからの安全意識の向上と、安全対策が企業で重要であり、0災害を目指し取組む必要があります。
弊社でも毎年対策を講じており、成果が少しずつ実っている感触が伺えます。 前年度の安全標語は、弊社の社員の標語が採用されましたが、今回は残念ながら入選しませんでした。 今年度は、

  声掛けで 仲間が気付く 危険の芽 相互注意で0災害 

ファイル 360-1.jpg

廿日市環境フェスタ 30

天候にも恵まれて、環境フェスタの協会運営に参加してきました。
今回は、通常のパネル展示と花の種、風船配布は、勿論ですが、新しい取組として、バルンアート(風船で、犬の形をつくる。)を実施しました。  資源循環協会のPRを促進するのが目的で、多くの子ども達と一緒に、犬や剣などを、作り、コミュニケーションを取りながら、環境に目を向けて頂けました。
子ども達からも、親御さん達からも、大好評で、多くの犬達が生まれて、持ち帰られました。 ブースでの配布物は、昼過ぎには、ほとんど、無くなり、大盛況で終了!
ファイル 359-1.jpg
ファイル 359-2.jpg

岡山の災害廃棄物保管状況視察

本日は、岡山県協会様のご案内で、7月の豪雨災害に伴う、協会様で管理されている、仮置場を視察をしました。
災害廃棄物の発生量は、295,600tにもおよび、県内の年間排出量の43%にもなるということです。
視察させていただいたのは、玉島フラワーパーク(写真)での
建屋を解体した廃棄物の一次仮置場ですが、住宅の被害が全半壊、8,000戸近くにもおよぶ量ということで、広島との土砂災害と比べても、水没での浸水した家屋がいかに、多かったかが良くわかりました。 現在は、解体現場で選別した廃棄物を性状ごとに、別けて降ろす体制で、スムーズに受け入れができているようですが、受け入れ計量のキャパが既に限界で計量器の増設も必要なくらいの台数が搬入に来ている現状です。 最初は、県からの依頼で、数名の有志が集まり休み無しで、対応されていたようですが、徐々に協会員が集まり協力をしてくれて、今のような体制を構築されたみたいで、岡山県協会様の結束と強固な団結力に感動しました。
これからの動向を見守っていきたいと思い、広島の今の現状が、目に浮かんできた次第です。
ファイル 358-1.jpg

四国へ出張

愛媛県に、出張で、とある処分施設を視察させて頂きました。
この会社を訪れたのは、もう10年前ぐらいで、久しぶりの訪問となり、役員の方々と久しぶりの再会で、話が盛り上がり、ついつい長居をしてしまいました。
次のアポイントが13時30分からで、ここから1時間移動時間が掛かるため、昼食も取らずに、現地に向かった次第です。
どうにか、かつかつ間に合いました。
ファイル 357-1.jpg
ファイル 357-2.jpg

ページ移動