記事一覧

火災についての研修会

弊社の3F、多目的ホールで、実務者の火災時の初期対応や避難、連絡と、言う視点での再確認のための研修会を実施しました。
火災は、無いに、こしたことは、ありませんが、もしかのために、熟知しておく、必要があります。
社員は、メモを取りながら、勉強していました。・・良いことです。 引き続き、無事故で、頑張りましょう。
ファイル 383-1.jpg

ビジネスフェア2019

今年も、広島グリンアリーナで、開催され、出展しました。
出展企業は、349社と過去最高で、広島最大規模の展示会です。
今回も環境や、廃棄物でお困りの企業様が、多く弊社のブースに、訪れていただきました。 お役にたてたら幸いです。
社員の皆さんお疲れ様でした。
ファイル 382-1.jpg

ひろしま環境賞 表彰式

広島県庁にて、表彰して頂きました。
身が、締まる思いです。
引き続き、環境保全活動を前向きに、実践し、環境事業の推進にも努めて、まいりたいと思います。
ありがとうございました。
ファイル 380-1.jpg

木と食の里まつり

地元地域のイベントへ行ってきました。
地元大林の大林間伐材再生研究会が主催するイベントですが、弊社も微力ながら、協力させてもらいました。
この研究会は、地元の方々が中心となり、山を愛し、間伐材のリサイクルや、研究をされています。
今回展示されていたのは、木片を使って、パズルを作っておられました。 子どもたちが、夢中になり、挑戦。さて、できるかな?
その他、多くの木をテーマとした、展示や販売をされていて、とても、大勢の人たちが、来て大盛況。 私達は、夫婦できていたので、奥さんが、素敵な木製のシュシュを買って帰りました。
この地区は、とても環境に熱心な人々が多く、私達も勉強になります。 これからも宜しくお願いします。
ファイル 378-1.jpg
ファイル 378-2.jpg

竣工しました。 新保管倉庫

本日11月1日、新廃棄物保管倉庫が竣工しました。
この倉庫は、プロジェクトの一貫で、第一歩となります。
引き続き、プロジェクト完了まで、予定通り、進めていきます。
ファイル 381-1.jpg

大林小学校 ホタルの飼育 寄贈式

大林小学校へ、山陰合同銀行様と、山陽レックで、ホタルの飼育道具を寄贈しました。
大林小学校は、ホタルを飼育し、学習に取り入れておられ、ユネスコスクールにも、認定されている数少ない、学校です。
この話を聞き、どうしても、協力したくなり、このようなかたちとなりました。 山を育て、川を綺麗にして、そして、瀬戸内の海も、ホタルの相乗効果で、結果として、豊かとなります。
子どもたちは、それを学び、これからの地球規模で、迫る環境破壊撲滅に、チャレンジしてくれると、信じています。
これからも、ホタルの飼育を含め、微力ながら、社員一同で、協力していきたいと思います。 久しぶりに小学校を訪れ、子どもたちの自由に遊ぶ姿や、大きな声が新鮮に感じ懐かしく思いました。
ファイル 379-1.jpg
ファイル 379-2.jpg

 

廿日市環境フェスタ R1

秋晴れで、天候にも恵まれ、廿日市環境フェスタへ、今年も参加してきました。
朝早くから、会場設営に汗を流し、準備完了。
10時オープンで、会場は、既に、来場者で溢れています。
協会員による、さんぱい紙芝居も、子どもたちに、大盛況。
そして、バルーンアートで、犬や剣、リボンを目の前で作り、大勢の大人や子どもたちが、殺到し喜んでもらいました。
当日、再生肥料も無料配布したのですが、中には、廃棄物からできていることを聞いて、いらないと、返す人もいました。
中々、皆さんへ、リサイクル品が、理解して頂けない面がある事実に直面したことに、少しショックでした。
これから、多くの人々へ、リサイクル品の理解が得られる日がくるまで、我々は、業界のPRに、汗を流す必要性を感じた一日でした。
ファイル 377-1.jpg
ファイル 377-2.jpg

新保管庫工事状況

10月末完成予定です。

ファイル 376-1.jpg
ファイル 376-2.jpg

火災訓練 令和元年

全係班による火災訓練を実施しました。
工場の奥から出火し負傷者が、出たとの想定です。
毎回違ったパターンで、おこないます。
排煙窓の開閉や、消化器の使い方など、全員が、理解しておかないと、意味がありません。
社員全員が、場内やプラントを理解し、何時何処で、火災になっても、誰もが、対応できることが重要だと、思います。
自分は、解らない、部署が違うし・・では、困ります。
でも、一番は、事故を、おこさせないことが重要ですよね。
そちらの取り組みも強化してゆきたいと思います。
ファイル 375-1.jpg
ファイル 375-2.jpg

解体工事が、はじまりました。

昨日から、保管倉庫の建設に伴う、解体工事が始まりました。
積替え保管場所や、混練・固化施設があった場所で、思い出が多い場所です。 しかし、今後の社の将来のために、思い切って、解体します。 二日目で、ほぼ何も無くなりました。
流石、プロの解体業者様です。あっというまでした。

※場内工事のために、狭くなっていますので、搬入車両は、予約制 で受入れしていますので、お電話にてご確認ください。
 工事期間中は、大変ご迷惑をお掛けします。
ファイル 374-1.jpg

ページ移動