トップ > 産業廃棄物 > 焼却システム








CLICK を押すと、その項目の説明動画などを見ることが出来ます。
是非、ご覧ください。


ロータリーキルンとストーカの組み合わせにより、ほとんどの廃棄物を安定燃焼させることができます。
廃棄物の適用範囲の広さが最大の特長です。
板製の円筒に特殊な耐火物を内張りしており、わずかに出口方向に傾斜しています。
ゆっくりした回転によって廃棄物を撹拌し、前方へ移動させながら焼却します。
入口側のフードには、固形廃棄物の供給装置、始動用のバーナ、廃油バーナ、スラリノズル、廃液ノズル等が装備されています。
焼却炉より発生する廃熱を利用し、ハウス栽培も行っています。
ロータリーキルンから排出された灰や未燃分は、後燃焼ストーカの上に落下し、灰化されます。
後燃焼ストーカは、特殊な階段式ストーカで上面に空気孔を持たず、燃焼空気は垂直面のみから挿入されるため、砂状の灰でもストーカ下に落下しません。
灰や未燃分は、ストーカの駆動により、階段をずり落ちながら前方へ移動します。
落下する際に撹拌され、ストーカの下から挿入される空気により、内部まで燃焼します。
また、廃棄物をストーカに直接投入することのできるホッパ、供給プッシャを設けることもできます。
二次燃焼炉で800度以上に保たれた排ガスを急速に冷却し、
ダイオキシン類発生温度帯を最小限に抑え、さらに消石灰、活性炭噴霧により、
ダイオキシン、塩化水素などを反応させ除去し、バグフィルターにて集塵します。
バーナーによる未燃ガスの直接焼却をします。
液状・固形を問わず、ドラム缶のまま焼却をします。
投入前には、一度に50本ストックできる搬送ラインを設け、
廃棄物の性状に応じて投入します。
他の廃棄物と触れることなく、ガイドラインに沿った安全な処理をします。
汚泥・動植物性残渣の説明が入ります
大型の固形廃棄物については、前処理用重機にて粗粉砕し、受け入れピットに投入します。
機密書類・フロッピーやハードディスクの処理も、ご担当者の立ち会いのもと、処理可能です。
焼却プラント棟のすべてをここから管理し、常に安定した焼却を行います。
一斗缶については、台車炉にて自動焼却します。
ロータリーキルン 炉内循環水 後燃焼ストーカ 排ガス処理システム 感染症(医療)廃棄物 汚泥・動植物性残渣 固形物キャッチ 固形物投入 制御室 ドラムリフター ドラム搬送1 ドラム搬送2 ドラム投入 ドラム搬出 一斗缶燃料室


Copyright © 2006-2010 Sanyo-Rec Co.,Ltd.All Right Reserved.